スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山桜【近くで見つけた桜辞典】 

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画『第⑤段』です。
ワンクリックご協力くださいブログランキングに参加中!!

◆山桜
SAKURAプロジェクト桜モニター参加中!!
桜開花カレンダーSAKURAっこギャラリー参加中

ヤマザクラ(山桜、学名:Cerasus jamasakura)は
バラ科サクラ属の落葉高木。
日本の野生の桜の代表的な種で、和歌にも数多く詠まれている。
サクラの仲間では寿命が長く大木になる。
ヤマザクラを原種として品種改良された種も多い。
多くの場合葉芽と花が同時に開く。
日本列島、朝鮮半島に分布。開花時期は3~4月頃。

山桜3


ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、
開花時期、花つき、葉と花の開く時期、
花の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異がある。

同じ場所に育つ個体でも一週間程度の開花時期のずれがあるため、
同じサクラでもソメイヨシノと異なり、
短期間の開花時期に集中して花見をする必要はなく、
じっくりと観察できる。

山桜2

ソメイヨシノの植栽の普及する前の花見文化はむしろ、
このように長期間にわたって散発的に行われるものであった。

山桜1

新芽から展開しかけの若い葉の色は特に変異が大きく、
赤紫色、褐色、黄緑色、緑色などがあり、裏面が白色を帯びる。
花弁は5枚で、色は一般的に白色、淡紅色だが、
淡紅紫色や先端の色が濃いものなど変化も見られる。
樹皮は暗褐色または暗灰色。

『第①段』◆ソメイヨシノ
『第②段』◆大島桜
『第③段』◆江戸彼岸桜
『第④段』◆紅枝垂桜
『第⑤段』◆山桜
『第⑥段』◆関山
『第⑦段』◆不賢象
『第⑧段』◆夙川舞桜
『第⑨段』◆西宮権現平桜   
(Wikipedia参考)
『五十音別:桜事典』
『桜事典:あ行』  『桜事典:か行』  『桜事典:さ行』
『桜事典:た行』  『桜事典:な行』  『桜事典:は行』
『桜事典:ま行』  『桜事典:や、ら行』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。