スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造幣局【桜辞典】 は行 

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画『五十音別:桜事典』
ワンクリックご協力くださいブログランキングに参加中!!

『桜事典:あ行』  『桜事典:か行』  『桜事典:さ行』
『桜事典:た行』  『桜事典:な行』  『桜事典:は行』
『桜事典:ま行』  『桜事典:や、ら行』

SAKURAプロジェクト桜モニター参加中!!


z84.jpg
花笠(はながさ)
北海道松前で、「福禄寿」の実生から選出育成した大輪の美しい桜で、雌しべが葉化し、その形状が花笠に似ているので、この名が付けられた。花は紅色で、花弁数は30枚程ある。

z85.jpg
花染衣(はなぞめい)
北海道松前で育成された桜。花見時の衣装である花染衣(ハナゾメゴロモ)にちなみ、この名が付けられた。花は淡紅色の八重咲き、直径は4.5cmの大輪で、花弁数は40~60枚ある。


z86.jpg
林一号(はやしいちごう)
仙台の植木屋林氏が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25~30枚ある。花は淡桃色で楊貴妃に似ている。


z87.jpg
林二号(はやしにごう)
林一号に続き育成された八重桜で、花弁数は15~18枚ある。花は淡紅紫色をしている。


z88.jpg
萬里香(ばんりこう)
東京荒川堤にあった桜で、芳香が良いのでこの名が付けられた。花は白色で、花弁数は20~25枚ある。


z89.jpg
日暮(ひぐらし)
東京荒川堤にあった品種。花は外側の花弁の先端と外面は淡紅紫色内側の花弁はほとんど白色である。花弁数は約20枚。


z90.jpg
緋桜(ひざくら)
花は大輪濃紅色で、花弁数は30枚程ある。


z91.jpg
日吉桜(ひよしざくら)
滋賀県坂本の日吉神社境内にある赤茶芽の山桜。花は淡紅色で、直径3.5cm、花弁数は30枚程ある。


z92.jpg
平野妹背(ひらのいもせ)
京都平野神社境内にあった桜。花は紫味を帯びた淡紅色で、開花につれ淡紅白色になる。花弁数は22~25枚で、花は横向き又は下向きに咲く。

z93.jpg
平野突羽根(ひらのつくばね)
京都平野神社境内に古くからある菊桜で、花は淡紅色又は紅色で、花弁数は100枚以上で250枚に達するものもあり、垂れ下がって咲く。


z94.jpg
平野撫子(ひらのなでしこ)
京都平野神社境内にあり、花弁に撫子の花のように切り込みがある。花は大輪の淡紅色で、花弁数は40枚程ある。


z95.jpg
平野寝覚(ひらのねざめ)
京都平野神社境内にある桜で、花は白色である。


z96.jpg
福禄寿(ふくろくじゅ)
東京荒川堤にあった大島桜系の里桜で、花は淡紅色で、花弁は波打つようなしわがあり、かたい感じがする。花弁数は15~20枚あり、大輪として代表的なものである。


z97.jpg
普賢象(ふげんぞう)
室町時代から京都地方にある有名な桜で、花の中から葉化した二つの雌しべが突き出し、その先端が屈曲する。その状態が、普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているところから、この名が付けられた。花は淡紅色であるが、開花が進むにつれ白色となり、花弁数は20~40枚ある。


z98.jpg
不断桜(ふだんざくら)
三重県白子町寺屋(現在の鈴鹿市)の白子観音境内にある有名な桜で、10月から翌年4月下旬まで開花する。特色は寒中でも葉が落ちないことで緑葉と紅葉が混じり、また若葉が絶えず出る。花は一重咲きの白色である。


z99.jpg
紅笠(べにがさ)
北海道松前で、「糸括」実生の中から選出育成されたものである。花は淡紅色で、直径5~6cmもある大輪で、花弁数は50~60枚ある。


z100.jpg
紅時雨(べにしぐれ)
北海道松前で、「東錦」の実生の中から選出育成された桜であり、紅色の豊な花が垂れ下がって咲くことから、この名が付けられた。花は濃紫紅色で、花弁数は28~40枚ある。


z101.jpg
紅玉錦(べにたまにしき)
北海道松前で、八重霞桜と里桜を交配育成された桜で、つぼみが紅の玉のようになり、花が球状になる。花は淡紅色の大輪で、花弁数は40~50枚。


z102.jpg
紅提灯(べにぢょうちん)
花の色は淡紅色。蕾は濃紅色で咲きはじめは紅色となり開花が進むと紅色から淡紅色となる。花弁数30枚前後である。


z103.jpg
紅手毬(べにてまり)
小手毬と同様であるが、花が赤い手毬の状態となるところから、この名が付けられた。


z104.jpg
紅虎の尾(べにとらのお)
古くから京都で栽培されていた桜といわれ、その咲く有様は虎の尾のようで、花は淡紅色である。


z105.jpg
紅南殿(べになでん)
京都の佐野藤右衛門氏が栽培していた桜。花は紅紫色。


z106.jpg
紅豊(べにゆたか)
北海道松前で育成された桜。花は濃紅色で豊かな重弁(花弁数は15枚程)の桜となったので、この名が付けられた。


z107.jpg
箒桜(ほうきざくら)
「ヤマザクラ」と「シナミザクラ」との間に生じた桜と考えられる。竹箒を逆さに立てたような樹形を作る。花径3cm程の花は淡紅色の長楕円形で、花弁数は20~30枚である。


z108.jpg
法明寺(ほうみょうじ)
京都府美山町の法明寺境内にあった名花を、佐野藤右衛門氏が接木育成し、命名した。花は淡桃白色である。


z109.jpg
帆立(ほたて)
花は白色で、雄しべの1~2本が花弁化して、帆を立てたような形をしているところから、この名が付けられた。


z110.jpg
牡丹(ぼたん)
大島桜系の里桜で、花はふっくらした牡丹の花を思わすような淡紅色の優雅な大輪で、花弁数は15枚程ある。

桜開花カレンダーSAKURAっこギャラリー参加中
(大坂造幣局HP参考)

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画近くの(公園で見つけた)
『第①段』◆ソメイヨシノ
『第②段』◆大島桜
『第③段』◆江戸彼岸桜
『第④段』◆紅枝垂桜
『第⑤段』◆山桜
『第⑥段』◆関山
『第⑦段』◆不賢象
『第⑧段』◆夙川舞桜
『第⑨段』◆西宮権現平桜   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。