スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造幣局【桜辞典】 や行 ら行 

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画『五十音別:桜事典』
ワンクリックご協力くださいブログランキングに参加中!!

『桜事典:あ行』  『桜事典:か行』  『桜事典:さ行』
『桜事典:た行』  『桜事典:な行』  『桜事典:は行』
『桜事典:ま行』  『桜事典:や、ら行』

SAKURAプロジェクト桜モニター参加中!!

z116.jpg
八重曙(やえあけぼの)
花は淡紅色で、花弁数は11~17枚あるが、部分により濃淡がある。芳香に富んでいる。

z117.jpg
八重紅大島(やえべにおおしま)
花は淡紅色の八重咲き、大島桜系の一品種で、花弁数は26~35枚、少し香りがある。

z118.jpg
八重紅枝垂(やえべにしだれ)
仙台の伊達家にあった桜で、明治初年、仙台市長の遠藤氏が植えたため「遠藤桜」とも呼ばれている。花は真紅の八重で花弁数は15枚程あり、極めて美しい。

z119.jpg
八重紫桜(やえむらさきざくら)
紫桜の重弁の品種。植物生理学者の三好 学氏が小石川植物園において紫桜の実生を栽培したところ、重弁のものが生じたので、この名が付けられた。

z120.jpg
弥彦(やひこ)
新潟県弥彦神社にある菊桜系で、花弁数は100枚程あり、二段咲きをする。

z121.jpg
山越紫(やまこしむらさき)
典型的な山桜系の桜で、花は濃紅色の一重である。

z122.jpg
夕暮(ゆうぐれ)
花は大輪の淡桃色で、夕暮に美しいといわれ、花弁数は10枚程ある里桜で、芳香がある。

z123.jpg
楊貴妃(ようきひ)
昔、奈良地方にあった桜で、つぼみは濃紅色であるが、開花時には淡紅色となり、花色も優れ豊満なので、中国の楊貴妃を連想して世人が名付けた。花弁数は、20枚程である。

z124.jpg
養老桜(ようろうざくら)
直径3cmの白色の花で、花弁数は5~8枚の一重八重桜である。

z125.jpg
蘭蘭(らんらん)
北海道松前で、「白蘭」と「雨宿」との交配から選出育成された桜。花は白色に近く、外面は淡紅紫色。花弁数は15~20枚ある。名前は、上野動物園のパンダ蘭蘭の死を悼んで昭和55年の子供の日に松前の子供たちが命名した。

z126.jpg
六高菊(ろっこうぎく)
花は淡紅白色で菊桜の系統である。旧制第六高等学校(現在の岡山大学)の校庭にあつたところから、この名が付けられた。

桜開花カレンダーSAKURAっこギャラリー参加中
(大坂造幣局HP参考)

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画近くの(公園で見つけた)
『第①段』◆ソメイヨシノ
『第②段』◆大島桜
『第③段』◆江戸彼岸桜
『第④段』◆紅枝垂桜
『第⑤段』◆山桜
『第⑥段』◆関山
『第⑦段』◆不賢象
『第⑧段』◆夙川舞桜
『第⑨段』◆西宮権現平桜   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。