スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さくらんぼの育て方』  

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画 『さくらんぼの育て方』
今年はさくらんぼ(桜の種の収穫して植えてみようかな)

桜事典:五十音別
『桜事典:あ行』  『桜事典:か行』  『桜事典:さ行』
『桜事典:た行』  『桜事典:な行』  『桜事典:は行』
『桜事典:ま行』  『桜事典:や、ら行』

ワンクリックご協力くださいブログランキングに参加中!!
20090417060911.jpg
ほとんどの花が散り・・・

小さなさくらんぼができ初めています。
20090417061213.jpg
桜の種(さくらんぼの種)を植えたら桜は咲くのか?
早速、さくらんぼの育て方をググってみました。
20090417060558.jpg
サクランボは、紫色に熟してから収穫
6~7月頃にサクランボが紫色に熟しますから、頃合いを見て採種します。
下に落ちたものの方が確実です
ただし数が少ない場合は、落ちるのを待っていても、
ドコに落ちたかわからなくなってしまうコトもあるので
木になっているうちに採ってもOK。
( 鳥も狙っているので、その分は残しておきましょう)
採種したサクランボ(果肉がついたまま)は、
水を張ったバケツに入れて、
浮いたものは取り除いてください。
そしてサクランボの果肉をきれいに洗い落したら
(※果肉をきれいに取り除いていないと保管中にかびることがあるので、果肉はよく洗い落としてください。)
果肉を洗い落とした後、もう一度、
水を張ったバケツに入れて、浮いたものは取り除きます
(※水に浮く種は、中が熟していないため)
そして半日から一晩、陰干しし
(※貯蔵中カビないようにするため。
※また、日向で乾燥させると、極端にタネの温度が上がり、中の植物組織が死んでしまい、発芽機能を失ってしまうため陰干しします。)
冷蔵庫で保管する。(乾式冷蔵)
表面が乾いた種をビニール袋に入れて密封し、2~5℃位の冷蔵庫(野菜室)にて、翌年の2月中旬頃まで保管します。
2月中旬になったら、種を冷蔵庫から出して、一昼夜水に浸し
種を植えるます。
赤玉土:川砂=7:3の土を用意し
3cmほど離し1セcmほどの穴を指であけ
1粒ずつ入れていき、土の表面を均して軽く押さえタップリ水を与えます。
(発芽までは直射日光に当てないで軒下などで管理します)
そして土の表面が白く乾いたらタップリ水を与えるます。

3月下旬~4月中旬に発芽し
発芽したら日当たりの良い所で育て水を適度にあげます。
5月中旬には10cm程度で葉が5.6枚になります。

SAKURAプロジェクト桜モニター参加中!!

この春はドップリ桜にハマるでぇぇ----企画近くの(公園で見つけた)
『第①段』◆ソメイヨシノ
『第②段』◆大島桜
『第③段』◆江戸彼岸桜
『第④段』◆紅枝垂桜
『第⑤段』◆山桜
『第⑥段』◆関山
『第⑦段』◆不賢象
『第⑧段』◆夙川舞桜
『第⑨段』◆西宮権現平桜

桜開花カレンダーSAKURAっこギャラリー (AURA-MASTER フォト掲載)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。