スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造幣局桜の通り抜け 

大阪造幣局 桜の通り抜けに行ってきました。
関西に住んでいながら・・・ 初めてです・・・
最終日近かった為・・・半分位かれてました(泣)
20090420135619.jpg


でも今年の花「平野撫子」は綺麗に咲いてました。
20090420134319.jpg  2000.jpg


そして、さくらんぼも緑に成長してました。
20090420135842.jpg

「手毬」も・・・
20090420134612.jpg
来年は満開の時期に行きたいと思います。



造幣局桜の通り抜け桜は126品種348本
今年の花は「平野撫子(ひらのなでしこ)」
造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持っていただくため、
数多くの桜の品種のうちから一種を「今年の花」として選び毎年ご紹介しています。
info2009_hiranonadeshiko_20090420105148.jpg
「平野撫子」は、京都平野神社境内にある桜で、花弁に撫子の花のような切り込みがあるので、この名が付けられました。花は淡紅色で、花弁数は40枚程度です。



今年の桜の通り抜けには、
新たに「胡蝶(こちょう)」、「手毬(てまり)」及び「渦桜(うずざくら)」が登場します。
info2009_kocho.jpg
「胡蝶」は、元々京都御室仁和寺にあった桜とされており、花名は満開時に蝶の舞い集う趣を表したものです。淡紅色の一重咲又は八重咲で、花弁数は5枚ないし10枚程度です。


info2009_temari.jpg
「手毬」は、古くからの桜で、江戸期の園芸書「花壇網目」に記述があるとされており、花がまとまって付き、手毬のようになります。淡紅色の八重咲で、花弁数は10数枚です。


info2009_uzuzakura.jpg
「渦桜」は、元々東京荒川堤にあった桜とされており、花名はしわのある花弁が渦を描くように、ややらせん形に並ぶことから名付けられたものです。淡紅色の八重咲で、花弁数は30枚程度です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。